Now Loading...

ニュース一覧

  • 2017年
2017/08/17
お知らせ

「第5回NCCコスメティック甲子園 全国大会」にて資生堂美容技術専門学校卒業生が入賞!

201781日(火)に、

「第5NCCコスメティック甲子園 全国大会」が

当校ホールにて開催されました。

当大会は、

資生堂ジャパン株式会社が全国の化粧品専門店の

若手経営者・後継者で組織する

NCC(=New Chainstore Circle)若手経営者の会』と

協働で開催しており、地方予選を勝ち抜いた30名の代表が当校に集結しました。

NCCコスメティック甲子園」は

全国の化粧品専門店の店頭スタッフがメイクアップ技術を競い合い、

日本一を決定する大会です。

5回を迎えた今回の大会には過去最大規模の562名が出場し、

4月から始まった地方予選大会にて勝ち抜いた代表30名が、

カウンセリング15分、メイクアップ実技30分の計45分間の競技を行いました。

会場には、NCC若手経営者の会のメンバーや審査員、

応援のために駆けつけた全国の化粧品専門店さま、

資生堂社員による声援のなか、熱戦が繰り広げられました。

カウンセリング・メイクアップにてモデルを務めたのは、

当校ビューティーコンサルタント科の2年生、30名。

モデルのお役目を通じて、

様々学ばせていただく機会となりました。

今回、当校の卒業生であり、

化粧品専門店の店頭スタッフとして活躍する2名が

全国大会に出場し、

そして入賞者として表彰されましたのでご案内させていただきます。

 

■第5位 中島あずささん【20143月卒業 54期生】(関越エリア代表)

 

■第7位 土屋あかりさん【19933月卒業 34期生】(近畿エリア代表) 

左から、大竹校長、5位入賞の中島さん、7位入賞の土屋さん、西島副校長

 

入賞された中島さんは、

「学園を卒業し、活動を始めて4年目。

本番では思ったようにメイクができず、正直、残念な気持ちです。

学生時代から4つのイメージのメークを

相モデルでしっかりと練習してきたことで、

店頭ではお客さまのお顔立ちに合わせて自信を持って

メイクをすることができます。

今回のチャレンジが自分自身のスキルアップになればと

思っています。」と語ってくれました。

また、

中島さんが活動する化粧品専門店を担当させていただいている

資生堂ジャパンの笠井支店長からは、

4年目の若手スタッフさんでありながら、

今回の地方大会ではトップの成績で選ばれての

全国大会出場でした。大きなプレッシャーもあったことでしょうが、

それを跳ね返して頑張ってくださりとても嬉しいです。

資生堂学園の卒業生、

さすがだなぁと思いました。

来年はさらに上位をめざして頑張ってくださるでしょう。」と語った。

 

土屋さんは、

「子育てをしながら、母と一緒に和歌山の

無人駅の駅前にあるお店で活動する日々。

26年ぶりに母校にてこのような大会に出場できるとは!

そしてまさか入賞できるとは、本当に驚いています。」

とのことでした。

土屋さんのご実家は、

お婆さまの代から続く老舗化粧品店。

当校を卒業後は、横浜の美容室にて約5年間勤めた後、

ご実家のお店を改装し、

美容室も併設した化粧品店にて活動をされています。

 

今後の更なるご活躍を祈念しています。

 

本大会では、

当校校長の大竹政義が

「ヘアメイクアップショー」を実施しました。

 

また、副校長の西島悦が

審査委員長を務めさせていただきました。