Now Loading...

History

資生堂の歩み 資生堂学園の歩み
  • 1872 東京銀座に、わが国初の洋風調薬局として創業
  • 1897  オイデルミンを発売し化粧品業界へ進出
  • 1902  ソーダファウンテンを併設
  • 1917  わが国最初の多色白粉「七色粉白粉」発売
  • 1922  「資生堂化粧品部」に 「美容科」、「美髪科」「子供服科」を設立
  • 1934  ミス・シセイドウ デビュー
  • 1953  資生堂美容研究所を 開設
  • 1956  東京渋谷に資生堂美容室を開店
  • 1958  美容学校設立委員会を設置
  • 1959  「資生堂美容学校」を 新宿区若松町に開校
  • 1964  板橋区加賀に新校舎と学生寮が落成・移転
  • 1977  ファッションショー 「6人のパリ」を開催 マサ大竹も参加 前年、マサ大竹が 日本人で初めてパリ コレクションに参加
  • 1902  第1回 ヨーロッパ研修旅行を 実施。以降年中行事となる
  • 1986  「SABFA(サブファ)」 開校 ※美容師免許取得者を対象にプロのビューティーアーティストを養成するヘアメーキャップスクール
  • 1998  「学校法人 資生堂学園」設立美容学校2年制がスタート
  • 1999  各種学校から専修学校へ改組、認可。 「資生堂美容技術専門学校」へ校名変更
  • 2006  新校舎完成
  • 2009  資生堂学園創立50周年
  • 2010  ビューティーコンサルタント科開設新エステティック棟落成
  • 2014  ミス・シセイドウ 誕生80周年
  • 2014  ベスト・ワールド・アカデミー受賞
  • 2017 59期生入学予定

あなたの美意識が物語をつくりはじめる

2014年9月6日、パリ市内凱旋門に近いサルワグラム(SalleWagram)にて、インターコワフュールモンディアル(INTER COIFFURE MONDIAL)主催の「2014年度ナイトオブザスター」が開催され、アワードセレモニーにおいて、当校が『ベスト・ワールド・アカデミー』を受賞しました。『ベスト・ワールド・アカデミー』は、世界で最も優れた美容学校に贈られる賞です。当校が創⽴以来56年の歴史と伝統の中で⾼度な美容教育を⾏い、国内外で活躍する優秀な美容⼈材を数多く輩出していることから⾼い評価を受けました。

※インターコワフュールとは、1925年に、スイス、ドイツ、イギリスの美容家代表がドイツ・ハンブルグに集まり、世界のヘア・ファッション業界を推進することを活動目的として設立され、世界で最も著名な美容家を会員とする協会。現在、パリに本部を置き、世界50カ国以上の支部がある。
当校校長、マサ大竹はパリ本部役員であるセントラルコミティ、及び日本支部副会長を長年務める。

資生堂美容技術専門学校の特色 - 描いた夢をかなえるために。専門資格を取得するために。資生堂美容技術専門学校独自の学習環境とサポート体制。