Now Loading...

世界で活躍する卒業生たち

一流の技術は海を越えて世界各地へ。
多くの卒業生が海外で活躍しています。

メイクアップアーティスト Hiro Yonemoto 1988年卒(29期生)当校卒業後、1997年に野村真一のアシスタントを経て2000年渡米。 2001年に永住権取得後、NARSをはじめ、トップアーティストのチームにてニューヨークコレクションに参加。現在はニューヨークに拠点を置き活動中。
株式会社資生堂 トップヘアメイクアップアーティスト 計良 宏文 1991年卒(32期生)年2回、春・秋に開催されるニューヨークならびにパリコレクションのヘアチーフとして、バックステージからショーを支えている。香港やタイでのヘアセミナーも行う。
株式会社資生堂 トップヘアメイクアップアーティスト 武田 玲奈 2000年卒(40期生)2013 年にニューヨークに渡り、さまざまなファッションブランドの広告やショー、VOGUE などファッション雑誌の撮影に携わる。2016 年よりグローバルブランド・SHISEIDO 専属のメイクアップアーティストとして、新ブランドのマーケティング、商品開発、PR、トレーニングを担当する。
資生堂美容室株式会社 ビューティーエデュケーター 門馬 宏一  2005年卒(45期生)お客さま目線に立ったサロンワークに力を注ぎながら、クリエイティブな表現にも挑戦している。アジア各国での美容師向けセミナーの講師としても活躍する。 salon Jatel勤務 堀 周平 2010年卒(50期生)卒業後、表参道の美容室に就職。その後、渋谷の美容室に転職し、25歳で店長に。 26歳でかねてから目26歳でかねてから目標としていた海外での活動を始めるために渡米。約1年間、ニューヨークの日系の美容室勤務を経て、現在は現地サロン salon Jatel に勤務。
KIDA NYC 経営 喜田 信之介  2002年卒(42期生)2007年渡米。ヘアメイクアップアーティストとしてニューヨークコレクションにも参加。2014年、ニューヨークに美容室「KIDA NYC」をオープン。KIDA NYC 乾 孝洋 (写真上列右2番目) 2010年卒 (美容師通信科7期生)
株式会社資生堂 ビューティーコンサルタント 鳥羽 萌 2010年卒(50期生)岡山県出身。当校卒業後、資生堂ジャパンに入社。都内デパートでの店頭活動6年目、海外派遣制度にチャレンジし、スイスへ派遣される。世界中に愛用者を増やしたいという目標を抱き、2017年1月、資生堂ビューティースペシャリストを養成する社内機関である資生堂ビューティーアカデミーに入講。