Now Loading...

ビューティーコンサルタント科

ビューティーコンサルタント科

株式会社ザ・ギンザ
ビューティーコンサルタント

真野 郁弥

2012年3月卒(52期生)

PROFILE

静岡県出身。高校時代より美容部員という職への興味が高まり美容の道をめざす。入社後、4年間の成田空港免税店勤務を経て、現在は資生堂ザ・ギンザに訪れるお客さまへの美容カウンセリングに邁進。

男性のBCならではの接客、提案力をさらに拡げられるよう、率先して行動したい
Q.現在の仕事内容を教えてください
A.国内外のお客さまのご要望を伺いながら、美容に関するカウンセリングやメイクアップを通してお客さまの魅力を高めるお手伝いをしています。

Q.社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A.プロとしての技術はもちろん、社会人として求められるマナー、礼儀作法、おもてなしの心を厳しくもしっかりと教えていただきました。

Q.今後の目標は?
A.男性のBCならではの接客、提案力をさらに拡げられるよう、率先して行動したい。そしてグローバルな活動にも挑戦し、世界中に資生堂ファンをつくる一員となりたいです。

ビューティーコンサルタント科

資生堂ジャパン株式会社
クレ・ド・ポー ボーテ サロン
エステティシエンヌ

髙木 真奈

2013年3月卒(53期生)

PROFILE

東京都出身。2014年に資生堂ジャパン株式会社に入社後、クレ・ド・ポー ボーテのエステティシエンヌとなる。学園で身につけたマナーや技術を生かし、お客さまの期待を上回るおもてなしを実践。

お客さまに喜んでいただくことはもちろん、自分自身も磨いて いきたい
Q.現在の仕事内容を教えてください
A.お客さまのお肌の状態や悩みを伺い、最適なコースを提案したり、アドバイスをしてさしあげます。

Q.社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A.2年間で肌理論や礼儀作法がしっかりと身につきました。現在のサロンで使用しているエステティック製品などが学園と同じで、学んだことを即実践できています。

Q.今後の目標は?
A.大好きなクレ・ド・ポー ボーテの化粧品に囲まれた理想的な職場で、応対力や技術力を向上させたい。お客さまに喜んでいただくことはもちろん、自分自身も磨いていきたいです。

ビューティーコンサルタント科

NARS メイクアップスタイリスト

宮崎 観帆

2016年3月卒(56期生)

PROFILE

神奈川県出身。雑誌やSNSで美容情報を収集するのが趣味。高校生になる頃にはメイクアップの仕事に就くことを決意する。憧れのNARSで働きたいという夢に向かって邁進し、2016年にその夢をかなえる。

Q.現在の仕事内容を教えてください
A.化粧品カウンターでお客さまのご要望に合わせたメイクアップ提案を行い、化粧品を販売しています。お客さまに笑顔でお帰りいただけることが今のやりがいです。

Q.社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A.マナーや言葉遣いなど、社会人として大切なことを身につけることができました。また、教えていただいたことをメモする習慣は、普段の業務にも役立っています。

Q.今後の目標は?
A.スタイリストとして一人前になること。常にお客さまの立場に立って考えることを意識し、多くの方に「ありがとう」と言っていただける接客を心がけています。

ビューティーコンサルタント科

株式会社イプサ レシピスト

北原 美波

2016年3月卒(56期生)

PROFILE

神奈川県出身。学生時代から接客業への興味と、資生堂の美容部員としての実績を持つ母親の影響もあり、自らも美容の道をめざすように。学園在学中は学生リーダーとして意欲的に活動。

Q.現在の仕事内容を教えてください
トレンドの第一線である都内のデパートにて、お客さま一人ひとりの肌と向き合い「美のレシピ」をつくるカウンセリングを担当しています。

Q.社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A.当たり前のことを当たり前にする、という習慣。時間を守る、挨拶、丁寧なコミュニケーション……社会人として当然のことがすべて学生時代に身につきました。

Q.今後の目標は?
A.経験を重ね、ショップやブランドにとってプラスになれる人でありたい。イプサの進化に必要な人財として幅広く活動していけるよう、励んで参ります。

ビューティーコンサルタント科

株式会社 三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズ
コスメ事業グループ イセタン ミラー

町山 奈穂

2016年3月卒(56期生)

PROFILE

神奈川県出身。高校時代からメイクアップへの興味を持ち、さらに深い知識を得たいという思いから美容の道をめざす。現在は都内大手ファッションビル内で、お客さまの肌悩みから化粧品選びなど幅広くカウンセリング業務を担当。

Q.現在の仕事内容を教えてください
お客さまの肌悩みや、メイクアップに関するご相談をお伺いし、化粧品をご紹介しています。ブランドの垣根を越えてお客さまのご要望に合う製品をご提案することで、お客さまが美しくなるお手伝いをしています。

Q.社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A. 幅広い美容知識や確かな技術だけでなく、それらを発揮するためのコミュニケーションの大切さもフォローしてくださったことに改めて感謝しています。

Q.今後の目標は?
A.メイクアャップだけでなくファッショやライフスタイルにもアンテナを張り巡らせ、日々学び続けていくことで一人でも多くのお客さまに喜んでいただきたいです。

ビューティーコンサルタント科

資生堂ジャパン株式会社
ビューティーコンサルタント

劉 青

2013年3月卒(53期生)

PROFILE

中国・青島出身。上海の大学を卒業後に来日。日本語学校で2年間学んだのち、もともと関心のあったメイクアップの技術を身につけたいと考え、資生堂学園へ。都内大手デパートにて3 年間の活動をした後、現在は育児休暇中。

資生堂のカウンターを日本だけでなく海外へと広げられる技術を持った人になることが目標
Q.現在の仕事内容を教えてください
A.都内の大手デパートには、国内外のお客さまがご来店されます。語学力と学園で身につけた技術を生かし、お客さまの肌に触れる活動により、多くの笑顔に出会えることが私の喜びです。

Q.社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A.先生方はいつも、学生一人ひとり丁寧にアドバイスをしてくださいました。学んだことを生かし、お客さまの肌に触れ、心に触れ、次第にお客さまの信頼を得ることができるようになりました。

Q.今後の目標は?
A.提案した製品に対してご満足いただいたり、喜んでいただけたりすることが私の仕事のやりがいです。資生堂のカウンターを日本だけでなく海外へと広げられる技術を持った人になることが目標です。