Now Loading...

ビューティーコンサルタント科

ビューティーコンサルタント科

資生堂ジャパン株式会社

豊田 千尋

2013年卒業(53期生)

PROFILE

資生堂BC※2 4年を経て、資生堂TMC にチャレンジ。 毎年合格できるのは数名という厳しい選考試験をクリアしたメン バーだけが受講できる専門教育を卒業。BC の中でも最高の選 抜チームといえるTMC に最年少で合格。2017 年6 月より TMC の一員として活動。また2017 年開催の全国BC コンテス トにデパート事業部代表として参加しています。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. 資生堂トップメーキャップクリエーター(TMC)として全国のデパートを訪問しています。お客さまとの出会いを大切に、メイクアップアドバイスを通して、さらなる美しさをご提案しています。メイクの楽しさを知って、ご来店時よりも笑顔になってお帰りいただくことが日々のやりがいです。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. 時間管理や、マナー、人間性などを内面から鍛えていただきました。知識や技術とは異なり、これらの基礎力は社会に出てからは学べないこと。店舗で仕事をするうえでとても役に立っています。また卒業後、資生堂学園で開催された「モードメイク講座※1」で技術の研鑽に励んだことは、TMC 合格の糧となりました。

※1 モードメイク講座:大竹校長、西島副校長の直接指導による 「究極」のメイクを学ぶ講座。 ※2 BC:ビューティーコンサルタント

ビューティーコンサルタント科

NARS

関 真弓

2017年卒業(57期生)

PROFILE

中学生のときよりNARSに憧れを抱く。地元、静岡には取り扱い店舗がないため、東京のデパートまで買い求めにきていたほどのNARS ファン。NARSに就職してからのつぎの夢は地元静岡県に出店し、ますます人気度アップを図っていくことです。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. 元々大好きだったブランド、NARS に入社が決まり、大好きな化粧品を多くのお客さまに使っていただくために、お悩みや仕上がりイメージのお好みを伺いながらメイクアップ製品の使い方をご紹介しています。お客さまが喜んでくださり再度ご来店いただけるときには、とても嬉しく、この仕事に最高のやりがいを感じます。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. メイクの授業では、スポンジの持ち方からアイシャドウのグラデーションをキレイに入れる方法など高い技術が求められる応用編まで、深く学ぶことができました。2 年生の集大成であった技術発表会で「最優秀作品賞」を受賞できたことは忘れられない想い出です。BC トレーニングルームでお客さま役のクラスメイトにおもてなしの心で応対していた実践的な応対授業は今の仕事に大変役に立っています。

ビューティーコンサルタント科

株式会社イプサ

末廣 優美

2016年卒業(56期生)

PROFILE

イプサは母親が使っていたことから自分もファンに。在学中はイプサの店頭でアルバイトを経験し、この仕事の素晴らしさと厳しさも実感し入社を希望しました。今後はIMA(イプサメイクアップアドバイザー)にキャリアアップできるようチャレンジ中です。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. お客さま一人ひとりに寄り添い「イプサライザー※」を用いて「美のレシピ」をつくるカウンセリングを行っています。お客さまが美しく笑顔になっていただくこと、そして継続的に指名をくださることが私のやりがいです。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. 店頭にご来店されるお客さまを見立てた接客練習です。お客さまを笑顔で迎え、親身に向き合い分かりやすい説明をすること。私たちの立ち居振る舞いや会話で魅力が高まります。先生方のご指導は、厳しくも思いやりに満ちていました。

ビューティーコンサルタント科

株式会社三越伊勢丹
ヒューマン・ソリューションズ
コスメ事業グループ
イセタン ミラー
メイク&コスメティクス

石井 愛花

2017年卒業(57期生)

PROFILE

「最年少で店長になること」が在学中からの目標。上司からは「資生堂学園の卒業生として、メイク技術はもちろんカウンセリング力や提案力などをバランスよく習得している」と高い評価を得ています。目標は今も変わることなく、実現に向けて接客技術を磨き、お客さまから信頼され憧れられる存在となるよう、夢に向かって邁進しています。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. イセタンミラーでは、トレンドを踏まえたラグジュアリーコスメを展開しています。お客さまが一番お似合いになる逸品をブランドの垣根を越えてご提案することで、さらに美しくなっていただくお手伝いをしています。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. お客さま一人ひとりに合わせた美しさを叶える知識や技術に加え「おもてなし」の心で対応することをていねいに指導していただきました。お客さまのお肌の状態に合わせた、実用的で具体的なメイクの仕方やスキンケアの技術練習は今でも役立つことばかりです。

ビューティーコンサルタント科

資生堂ジャパン株式会社
クレ・ド・ポー ボーテサロン

富田 理美

2017年卒業(57期生)

PROFILE

女性らしい上品で華やかな佇まいに憧れを抱き、それを習得するために当校に入学。在学中は、日本エステティック協会のコンテストに学校代表として出場し、入賞したことが大きな自信に。現在勤務しているサロンでは、美意識の高い優雅なお客さまに寄りそったおもてなしを常に心がけています。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. カウンセリングを通してお客さまのご要望をお伺いし、一人ひとりの肌と心にもご満足いただけるトリートメントをしています。また、メイクやホームケアもご提案し、肌が確実に美しくなることに喜びを感じていただき、「満足を超えた感動」をお客さまに差し上げるよう努めています。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. マナーや振る舞い、体調管理など、社会人として、美容業に就くにふさわしい人として、当たり前のことがきちんとできるようご指導いただきました。カウンセリングの授業では、常にお客さまの立場になってご要望を傾聴することや喜んでいただくことの大切さを教えていただきました。