Now Loading...

美容師科ビューティースペシャリストコース

美容師科ビューティースペシャリストコース

資生堂美容室
八芳園

飯澤 綾女

2015年卒業(55期生)

PROFILE

高校時代には周囲から大学進学を勧められたものの、ブライダル業界への関心が強かったことから当校に入学。就職先は、日本でも有数の格式高い式場で、新婦を人生最高に美しく支度して差し上げることを目標に選択。2017 年、全日本婚礼協会 「Zenkon Contest 2017 全国大会 和装トータル部門」に出場し、 『金賞』を受賞。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. 式場に来られた方々のヘアメイクと着付けを担当しています。お客さまにメイクをして差し上げたとき、その方の表情がパッと変わる瞬間、私はこの仕事に最高のやりがいを感じています。目標でもある花嫁さんの担当に一日でも早くなれるように、今は日々技術を磨いています。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. 授業前の5分前準備行動など、時間をしっかり守ることが2年間で自然と身につきました。技術面では相モデルの授業を通して基本を習得していたので、現場ですぐに実践できています。職場は資生堂学園卒業生の先輩も多く、何でも相談できて心強いです。

美容師科ビューティースペシャリストコース

kind

高畑 奈月

2010年卒業(50期生)

PROFILE

ヘアメイクの仕事に関心があり当校に入学。卒業後はサロンでスタイリストをしながら、美容の基礎技術を磨くとともに、長年の夢でもあったヘアメイクの道へ。今後は海外での活動も視野に入れながら、日々緊張感のある仕事に取り組んでいます。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. 長年実績のあるヘアメイク事務所にて、テレビやCM、ライブの撮影現場へ行き、タレントやアーティストのヘアメイクを担当しています。責任のある仕事を任されたときには大きなプレッシャーを感じますが、撮影に関わらせていただいた仕事がテレビや雑誌の表紙として世に出た時には大変嬉しく、この仕事のやりがいを感じます。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. 実習授業では基礎知識だけでなく、ヘアメイクに関するさまざまな引き出しをもっておられる先生方からいただいた情報が非常に役立っています。先生方はご自身の経験を踏まえて授業を推進してくださり、いつも授業が「楽しかった」と記憶しています。学生時代に切磋琢磨した仲間は、今でもよきライバルであり、私の財産です。

美容師科ビューティースペシャリストコース

SHIMA 吉祥寺店

関 加奈子

2013年卒業(53期生)

PROFILE

美容師免許とメイクの技術習得の両方が目指せる学園に入学。若い方々が SNSで美容師を選ぶ時代だからこそ、当校で学んだことをベースに、自分自身のファッションやヘアメイクにも気を配り、ていねいにお客さまをおもてなししています。
[ instagram account : @cxcxrx_seki @shima_official_account ]

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. 入社5 年目の現在、スタイリストとしてカット、ヘアカラー、パーマを担当しています。トレンドに敏感でガーリーなものが大好きなティーン層を中心としたお客さまから「関さんにお任せしてかわいくしてもらいたい」と言っていただけるトップスタイリストが目標です。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. ショーのバックステージなどでのボランティア活動は、日頃授業で学んでいることを実践する場となり、技術力の向上に繋がっていたと今、実感しています。サロンで行うヘアショーでは、入社して間もない私がメイクを担当する機会をいただきました。

美容師科ビューティースペシャリストコース

eyecandy 銀座店

菅野 美紀

2014年卒業(54期生)

PROFILE

さまざまな美容の仕事に興味があり、ヘア・メイク・ネイル・エステ・着付けなど、幅広く学べるコースに入学。実習授業を通じて、自分自身が夢中になれる技術を知り、アイリストの道へ。「一生続けたい楽しい仕事です」。

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. まつ毛エクステンションを担当しています。この業界は技術進歩が速く、常に新しい技術 が入ってきます。そのため、お客さまのご期待にお応えするには技術を磨き続けることが必須となります。忙しいなかでもお客さまが一段と美しくなられた笑顔が私のモチベーションです。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. 美容技術を幅広くトータルで習得できるコースで学んだからこそ、自分の天職が見つかり、アイリストになることができました。接客業に必要なビジネスマナーや「道具を大切 にする」という教えはプロになった今、本当に大切なことだと身に染みて感じています。

美容師科ビューティースペシャリストコース

TAACOBA 大丸東京店

中村 南月

2013年卒業(53期生)

PROFILE

高校の特進クラスから総合大学の理系学部に進学したものの、かねてより関心のあったネイリストを目指し、当校に入学。最高の技術とおもてなしで長年お客さまの信頼を得ているネイルケアサロン、TAACOBA に魅力を感じ入社。5 年目を迎えました。
[ instagram account : @taacoba @longleage_hiroo ]

Q1. 現在の仕事内容を教えてください。
A1. 健康な爪こそ本当に美しい爪であるというコンセプトのもと、爪のケアを最も大切にしているサロンのマニュキュアリストとして、お客さまの甘皮ケアや爪のフォルムを整えています。美意識の高いお客さまが多くご来店されますので、最高のおもてなしでお迎えします。

Q2. 社会に出て役立った学園での学びは何ですか?
A2. ビジネスマナーのロールプレイング授業では、電話応対や接客などお客さまへのおもてなしを学びました。技術面では授業だけでなく、放課後などに開講されるネイルのアドバンス講座を受講し、プロが取得する難しいネイルの資格を在学中に取得できました。