さまざまな資格や技術を修得し、新たなる道でスタート!

当校には、大学・短大を卒業後入学された方や、社会人になってから思いきって入学された方がたくさんいます。年齢差はありますが、すぐになじんで、お兄さん・お姉さん的存在でがんばっています。

加藤 早紀

ビューティーコンサルタント科

加藤 早紀
SAKI KATOU

プロフィール
1988年生まれ
尚絅学院大学女子短期大学部卒業後、資生堂学園ビューティーコンサルタント科に入学。

短大在学中、ビューティーコンサルタントになる夢を持ち始め、就職活動を行いましたが、その夢はあきらめきれませんでした。そして資生堂学園の体験入学に参加し、先輩たちがみんな輝いていて、真剣に勉学に励む姿を見てもうこの道しかない!と入学を決意しました。

・社会人としての教育がしっかりしている
・先生方がとても熱心に教えてくださる
・先生方、友人、学園全体に“温かさ” を感じる
・一生の友人、先生方に出会うことができる

そんなことを体験入学で体感することができました。
目的意識が高かったので、不安はなく資生堂学園に入学するのがとても楽しみでした。
クラスメートはほとんど年下ですが、年齢差を感じたことはありません。しっかりとした目標を持っているので、互いに切磋琢磨できる仲間です。同じ夢に向かって懸命に取り組んできた友人は、一生の仲間だと思います。
私は美容の力というのは、人の心を和らげ笑顔にし、勇気を与え、希望や生きる力になると信じています。このような気持ちを持ち続け、一人でも多くのお客さまを笑顔にし、勇気を与えられるようなビューティーコンサルタントになりたいです。
「やる気」さえあれば自分の目標が必ずかない、さまざまな面で成長することができる資生堂学園。そして、素晴らしい先生方、友人に出会える学校です。みなさんも資生堂学園に入り、素敵な日々を過ごして下さい、応援しています!

岸本 圭

ビューティーコンサルタント科

岸本 圭
KEI KISHIMOTO

プロフィール
1984年生まれ
鳥取大学在学中に美容に興味を持ち、資生堂学園ビューティーコンサルタント科に入学。

私は大学で化学を勉強していたときから美容に興味があり、友人の髪を切ったり、メーキャップをしてあげていました。次第に化粧品と化学との深い関係を知り、化学と美容を合わせた仕事をしたいと思い始めました。私と資生堂との出会いはマキアージュのCMでした。資生堂のCMは、どれも刺激的で、その企業文化を遺伝子に持つ学校があることを知り、資生堂学園を選びました。

大学まではペンとノートで勉強していたのに対し、専門学校ではブラシやアイラッシュカーラー、コームやシザーズといった道具を使った実技の勉強が加わります。これが今までとは大きく違うため、できるかどうか不安でした。ですが先生方からのアドバイスを理解し、また自分でも失敗したときの理由を考えながら繰り返し練習することで乗り越えることができました。年齢差については、私の場合は高卒の友達と6歳離れていたので、入学当初は気にしていましたが、どの友達も年のことは全く気にせず接してくれ、すぐにクラスに馴染めました。

資生堂学園に入学し、「何かを始めることに遅すぎることはない」と多くの先生方から激励のお言葉をいただいています。私もそう思いますが、やはり、思い立ったら状況が許す限り早い方がよいのではないでしょうか。不安なことはたくさんあると思いますが、支えてくれる仲間や先生方はたくさんいます。 自分の好きなことをすることは、辛いことから逃げられない道ではありますが、本当に自分が輝ける道です。そのための第一歩に資生堂学園を選んでくだされば本当に嬉しいです。

小本 敬

美容師科 ビューティースペシャリストコース

小本 敬
KEI KOMOTO

プロフィール
1981年生まれ
大阪芸術大学卒業後、グラフィックデザイナーとして就職。
その後資生堂学園美容師科ビューティースペシャリストコースに入学。

大学卒業後、グラフィックデザイナーとして5年間働いていました。仕事は企業を相手にすることが多く、もっと直接人と関われる仕事がしたいと思い始め、当時から資生堂の宣伝広告や企業姿勢が大好きだったこともあり、資生堂学園に入学することを決意しました。20代後半で新たに違う業界へ入るということで、年齢的に厳しいのではないかと不安でしたが、美容の仕事はどうしてもやりたいことだったので、迷っていても仕方ないと思い、今では気にしていません。逆に社会に一度出ている経験は他の人にない強みだと思っています。

美容を学ぶには環境が大切だと思います。マサ大竹校長を始め、資生堂ビューティークリエーション研究センターで活躍されている方々の技術を生で見ることができたり、毎日熱心に教えてくださる先生方がいる資生堂学園の環境はとても魅力的です。 また美容の技術だけでなく、マナーを学べるなど人として成長できる学校だと思います。私の夢は、ヘア・メーキャップアーティストとして、資生堂の宣伝広告に携わることです。夢をかなえるために一緒にがんばっていきましょう!

美容師科ヘアスタイリストコース

美容師科ビューティースペシャリストコース

ビューティーコンサルタント科

美容師通信科