Now Loading...

基礎知識のリアル

2017/04/11

もう悩まない! 本当に似合う色の口紅を選ぶ方法

「せっかく買ったのに似合わない」「トレンドカラーに挑戦したいけど自分に合うか分からない」というように、口紅の色選びで悩む方は多いでしょう。
口紅を選ぶときのポイントとしては、流行色や好きな色などを意識することが多いと思いますが、口紅の効果でキレイに見せるためには“自分に似合う色”を選ぶことが大切です。
「どんな色が自分の肌に似合っているのか」「肌をキレイに見せるためには何色が良いのか」ということを考えることで、口紅選びの失敗を避けることができるのです。
そこで今回は、自分に似合う色の口紅の選び方をご紹介いたします。

 

“イエローベース”と“ブルーベース”あなたはどっち?

自分に似合う色の口紅を選ぶためには、まず自分の肌が“イエローベース”と“ブルーベース”のどちらに当てはまっているのかを知ることが大切です。
イエローベースの方は、肌が黄味よりで唇がサーモンやピーチ系のような色味をしていて、日焼けをするとすぐに黒くなりやすいことが特徴です。
これに対してブルーベースの方は、肌が白く青みがかっていて唇がローズや桜色などのピンク系であり、日焼けをすると赤くなりやすいことが特徴になります。
自分の肌を鏡でよく観察して、自分の肌がどちらに分けられるのかを知っておきましょう。

 

“イエローベース”に似合う色は?

イエローベースの方に似合うのは、サーモンピンクやコーラルピンク、オレンジなどの黄色味が入ったカラーです。他にも、アプリコットやレッド系も似合うので、さまざまなカラーを楽しむことができます。
春夏にはコーラルピンクやオレンジ系などの明るめカラーを選び、秋冬にはベージュとオレンジや赤などが混ざったようなくすみカラーを選ぶのがおすすめです。
また、口紅と合わせてチークにも同じようなカラーを選ぶと肌馴染が良くなって、より美しいメークに仕上げることができます。

 

“ブルーベース”に似合う色は?

ブルーベースの方におすすめなのは、ローズピンクやマゼンタ、チェリーなどの青みが入ったピンク系のカラーです。透明感があり、可愛らしいピンクのカラーを選ぶことで肌をよりキレイに見せることができます。
春夏にはシアー系の薄いローズピンクやピンクベージュを選び、秋冬にはブルーレッドやマゼンタなどの濃い色味を選ぶと季節感も◎
大人っぽく赤系の口紅を塗るときには、グロスなどを取り入れてツヤっぽく仕上げると肌の透明感を活かすことができます。

ベースメークやアイメークは普段と同じでも、口紅の色を変えるだけでイメージチェンジができるもの。可愛い系やキレイ系などを使いこなして、メーク上手な女性になるためには、トレンドの色をおさえながらその中でも自分に似合う色を探すことが大切なのです。
「せっかく買ったのに1度しか使っていない」というような失敗を繰り返さないためにも、肌の色と口紅の色を照らし合わせて、自分にぴったりの色を見つけ出しましょう。