Now Loading...

基礎知識のリアル

2017/06/09

旬の“青みピンク”で透明感あふれる春メークを取り入れよう

今年の春メークは、透明感があふれる“青みピンク”に注目が集まっています。
チークやアイシャドウ、リップなどに青みピンクを取り入れることで、春らしいムードが醸し出されてオシャレな雰囲気が倍増!
休日デートやお出掛け時には、トレンドの青みピンクメークに挑戦しましょう。
今回は、高校生女子にぴったりの青みピンクを取り入れたメーク方法をご紹介いたします。

肌をキレイに見せるツヤファンデ×青みピンクチークメーク

肌馴染みの良い青みピンクのチークは、トレンドのツヤ肌メークと合わせることで、発色の良さをより一層引き立てることができます。
10代ならではの肌のハリやツヤを生かしながら、トレンドのベースメークをマスターしましょう。

1.パール入りの化粧下地を、額・鼻・両頬・あごの5点にのせて、内側から外側に向かって薄く伸ばす
2.クマやニキビ跡にコンシーラーをのせて、指先でトントンと叩き込みながら伸ばす
3.フェースパウダーをフェースブラシに含ませ、余分なパウダーを手の甲に落としてからクルクルと肌の上で円を描くように塗る
4.パール入りのハイライトパウダーをチークブラシにとって、Tゾーンと目の下に軽く伸ばす
5.青みピンクのチークをチークブラシにとって、頬の中心に丸く入れる

春らしさ満点! 青みピンクのアイシャドウでラブリーな目元を演出

青みピンクを取り入れたアイメークは、顔全体を明るくしてキュートな印象を与えてくれる女の子の強い味方です。ただし、ピンク系のアイシャドウは使い方を間違えると、目元を腫れぼったく見せてしまうこともあるため注意が必要。上手な青みピンクの使い方を覚えましょう。

1.指先にアイシャドウベースを取り、アイホール全体に薄く伸ばす
2.パール入りの青みピンクシャドウを大きめのアイシャドウブラシにとり、薄っすらとアイホール全体に伸ばす
3. 2と同じ青みピンクシャドウをチップにとり、二重幅よりも少し広めに塗る
4.青みピンクシャドウを細いチップにより、下まぶたの目尻~黒目の下までの部分にライン状に伸ばす
5.ブラウンシャドウをコシのある細いアイシャドウブラシにより、アイラインの代わりになるようにまつげのギリギリの部分に細く伸ばす
6.ビューラーでまつげを根元・中間・毛先の3点に分けてカールさせ、ブラウンマスカラを根元から毛先に向かってサッと塗る

あえてラフに仕上げるのが◎ ポンポンリップメークに挑戦!

リップメークを今年っぽく仕上げるのなら、口紅をポンポンと叩き込むように塗るメーク方法がおすすめです。唇の輪郭などをなぞらずに、ポンポンと口紅を叩き込むことで、ふっくらとしたジューシーなリップに仕上げることができます。

1.リップクリームで唇を保湿する
2.青みピンクの口紅をたっぷりと指の腹にのせる
3.下唇の中央から左右に向かって広げていくように、指にのせた口紅をポンポンと叩き込む
4. 2と同じように口紅を指の腹にのせる
5.上唇の中央から左右に向かって広げていくように、指にのせた口紅をポンポンと叩き込む
6.唇のラインから出た部分を綿棒などでふき取る

淡い発色がキレイな青みピンクは、派手になり過ぎずに華やかな印象を与えてくれる春らしいカラーです。チーク・アイシャドウ・リップのポイントメークで取り入れて、旬な今ドキフェイスを目指しましょう。