Now Loading...

基礎知識のリアル

2016/04/18

男らしさをアップさせる「センター分けセット」のコツ

センター分けは、芸能人なども多く行っているなど男性のなかでも人気が高い髪型です。
ただ難易度が高いため、しっかりと作り方をマスターしないと「ダサイだけの髪型」になってしまう恐れもあります。
しっかりと髪型を決めて、スタイリッシュに仕上げましょう!

 

センター分けを上手く作るには

センター分けを作る場合、髪の長さも重要になってきます。

●目にかかるくらいの前髪があるか
●毛先はあまり重くないか

まずは自分の髪をチェックして、軽く動かしやすいヘアスタイルにしましょう。
また、センター分けはパーマをかけるとより簡単にスタイリングすることができるので、ミディアムロングまで髪を伸ばしてから、サロンでパーマをかけてもらうのも良いですね。
セットする前に、髪の長さや軽さを整えるのもひとつのコツです。

 

スタイリング方法

20160418_2

自宅でセンター分けにする場合、ポイントになるのがドライヤーの使い方です。
ドライヤーでなんとなく髪を乾かすのではなく、仕上がりのヘアスタイルをイメージしながら乾かしていきましょう。

ドライヤー

1.セット前にシャワーでしっかりと髪全体を濡らし、タオルで拭き取ります。
2.後頭部から頭頂部、サイド、前髪の順でドライヤーをかけて、髪を左右へと自然に分けていきます。パーマのようなふんわりとしたセンター分けを作りたい場合は、手で髪を優しく掴みながら乾かすようにするのがポイントです。
3.左右に分けた毛先を、ドライヤーのセットモードで乾かし整えていきます。
4.最後にドライヤーを冷風に切り替えて、ふんわりとしたヘアスタイルを記憶させましょう。

上記のようにドライヤーでセットした後は、スタイリング剤で髪を整えていきます。
グリースやオイルワックスなどのスタイリング剤なら、ツヤ感を出したい方に向いています。濡れているような髪に見せてくれるので、モード感を演出するのにもオススメです。
また、ストレートヘアの場合は、まずはテクスチャーが柔らかめのジェルクリームを少量手にとり、髪全体に馴染ませましょう。
そしてコームでとかしてサイドをタイトにすると、ヘアスタイルが決まりやすいです。
ふんわりとしたセンター分けスタイルにしたい場合は、サイドの髪を手で持ち上げるように掴み、くしゃっとさせましょう。
また、ボリュームがある場合はサイドの髪を後ろへともっていくと良いですよ。

センター分けはおでこを出すことで男らしさや色気アップにも繋がるので、大人っぽさを演出したい方に特にオススメです。スーツにも合うヘアスタイルなので覚えておくと、一気にファッションに幅がでますよ。
慣れないうちは大変かもしれませんが、回数を重ねてぜひキレイにスタイリングしてくださいね!