Now Loading...

資格・試験のリアル

2015/09/15

美容師国家資格ってどんな資格?

資生堂学園には、美容のプロを目指す学生がたくさんいます。そんな美容のプロになるために必須なのが、美容師国家資格! みんな、この資格を取得するために毎日がんばって勉強しているといっても過言ではありません!

今回は、そんな美容師国家資格についてご紹介したいと思います。いつものコラムよりちょっと難しいかもしれませんが、美容のプロになるためには知っておいてほしい内容です!

◆美容師国家資格って?

美容師国家資格を取得するためには、まずは受験可能となる条件を満たす必要があります。厚生労働省の認可を受けた専門学校で規定の授業の単位を取ることではじめて受験資格が得られます。試験には筆記と実技があり、その両方をクリアすれば晴れて美容師国家資格を取得できるのです!

◆美容師国家試験の受験者数

美容師国家試験は、1年に2回、2月と8月に開催されます。1年間の受験者数の推移はここしばらく横ばいの状態が続いていて、おおよそ20,000人ほど。以下のグラフは平成17年から26年の受験者数推移です。

201507_01

◆美容師国家試験は難しいの?

みなさんが気になるポイントは、「難易度」ですよね。筆記試験は毎日の授業をしっかりと受け、過去問などで試験勉強をすれば合格できる内容です。実技試験は、日頃の練習がとっても大切です。授業だけでなく、自主的な練習を日々くり返すことで自信もスピードもついてくるので、本番でも焦らずに実力を発揮できるようになります。

美容師国家試験の合格率は、2月の試験はおおよそ80%で、8月実施の試験はおおよそ50%。合格率に差があるのは、2月実施の試験では新卒生の割合が高いためです。2月の試験で不合格となってしまった場合は、次回の8月の試験を受験することになります。

◆美容師国家試験の受験資格

1.理容師・美容師養成施設で、次の課程を修了した人(平成10年4月1日以降に入学した人)・夜間課程:2年以上
・通信課程:3年以上

2.理容師・美容師養成施設で、次の課程を修了した後、1年以上の実地習練を経た人(平成10年3月31日以前に入学した人)

・昼間課程:1年以上
・夜間課程:1年4ヵ月以上
・通信課程:2年以上
※ただし、平成14年3月31日までに1年以上の実地習練が終了している事。

【試験の免除】
・「実技試験及び筆記試験」の両方を受験した人のうち、筆記試験のみに合格した人は、その申請により、次回の試験に限り、筆記試験の受験を免除
・「実技試験及び筆記試験」の両方を受験した人のうち、実技試験のみに合格した人は、その申請により、次回の試験に限り、実技試験の受験を免除

◆試験科目

【実技】
1.美容の基礎的技術第1課題:カッティング
第2課題:ワインディング又はオールウェーブセッティング

2.美容を行う場合の衛生上の取り扱い
用具類の衛生状態及び衛生上の取り扱い

【筆記】
・関係法法規・制度
・衛生管理(公衆衛生、環境衛生、感染症、衛生管理技術)
・美容保健(人体の構造及び機能、皮膚科学)
・美容の物理・化学
・美容理論

カッティングはヘアカットのことです。又、第2課題のワインディングはロッドを髪に巻く作業のことで、オールウェーブセッティングはヘアスタイルを作り上げるためのセットの技術です。ていねいかつスピーディーに行う必要があるので、日々の練習で技術をしっかり習得しましょう。筆記試験は先にもお話しましたが、授業をしっかり聞いて過去問などで試験勉強をすれば決して難しいものではありません。

◆日々の努力があれば大丈夫!

資生堂学園の学生からも、試験前になると「合格できるかな……」と不安の声をよく聞きますが、日々がんばっていれば心配する必要はありません!試験合格のためにも、資生堂学園ではしっかりと学生のサポートをしています。資格取得のために一緒にがんばりましょう!