Now Loading...

器具・技術のリアル

2016/05/30

実はお手軽!? 上級者になれるメイクブラシの使い方

皆さんはメイクをするときにどのようなアイテムを使用していますか?
「メイクブラシ」と聞くと「ちょっと上級者向けかな」とか「使い方がよく分からない」なんてこともよく聞かれます。
しかし、メイクブラシは実はとってもお手軽なアイテムで、いつものメイクに使うだけで上級者になれるという、優れたアイテムです。
そこで今回は、メイクブラシの種類と使い方について紹介します。

メイクブラシでこんなメリットが!

メイクブラシには太さや固さなどさまざまな種類がありますが、使用することでワンランクアップしたメイクに仕上げることができます。
普段使っているものも、ブラシで仕上げるのとチップやパフで仕上げるのでは発色や透明感が違うことも。
使用するパーツに合わせたものを選ぶことで、薄付きなのにしっかりと肌になじませることができます。

まずはファンデーションブラシから

ベースメイクはメイクの基本中の基本。
透明感を出すために、下地やハイライトなどを使用しているという人もいるでしょう。
パフからファンデーションブラシに変えるだけで、透明感もアップします。
使い方は簡単です。
ブラシにふんわりとファンデーションを含ませたら、顔の中心から外側に向かって撫でるようになじませましょう。
不要な分はそのままオフしてくれるので、厚塗りを防ぐこともできます。
資生堂のファンデーションブラシは、パウダリータイプにもリキッドタイプにも対応できるのでお勧めです。

チークブラシは大きさで印象が変わる!

20160530_2

チークブラシは付属されていることもあり、馴染みのあるブラシのひとつです。
しかし付属のものは小さめのものが多いですよね。
大きさを変えることで、チークの発色や馴染みが変わり、大きく印象を変えてくれます。
フェイスブラシよりも小さく平らなものが、おすすめです。
チークをいれるときは、ブラシで適量取ったら手の甲などで一度なじませてからお肌にのせましょう。

アイシャドウブラシは2本持ちが◎

アイシャドウブラシは小指ほどの少し細めのものと、それよりも太いものを2本持つのがおすすめです。
細いブラシは目のキワなどに濃いめのカラーをのせるときに使い、もう少し太いものはアイホールなどベースカラーをのせるときに使いましょう。
ブラシを使うことで自然になじませることができるので、アイシャドウがむらにならずにきれいなグラデーションになります。

リップブラシで失敗知らず!

リップブラシを使うことで、はみ出しや塗りムラ、つけすぎを防ぐことができます。
唇になじませることができるので、リップを塗ると浮いたように見えるという人にはぜひ使ってもらいたいアイテムです。

スキルアップのためにも、メイクブラシを一度使ってみてくださいね!