シセビだからできること

「美しく生きる人」を育てる。

資生堂美容技術専門学校では、人々の「美しく生きる」という願いをかなえ、自らも「美しく生きる人」を育てるために、以下の方針でカリキュラムを編成します。

  • 「知る」学び

    美容全般の知識と基礎技術、そして美容技術者としての「マナーの基本」を習得します。
    同時に「多彩な美」に触れる機会を得ることのできる科目を編成し教育します。

  • 「磨く」学び

    「自ら行動し学ぶ力」を養うことのできる科目を編成し教育します。

    • 1. 技術を磨く

      徹底的に基礎技術を修得すると同時に、美容の現場に即した実践型授業を取り入れ、
      応用力のある高度な技術へと磨く科目を編成します。

    • 2. 人間力を磨く

      一流の美容技術者として必要な、教養・品格を高め、「人間的魅力」を磨く科目を編成します。

    • 3. 感性と創造力を磨く

      「本物の美」に触れて美意識を高めることで、学生個々の創造力と豊かな感性を磨く科目を編成します。

  • 「体現する」学び

    幅広い人々の「美への願い」をかなえられる、新たな「美」を提案・表現することのできる科目を編成します。

業界トップクラスの実績
資生堂美容技術専門学校では、美容師国家試験およびエステティシャン試験にて、
毎年全国でもトップクラスの高い合格率を誇っています。
就職率
12年連続100%
シセビでは資生堂グループとの連携を活かして、就活支援サポートの実施に万全の体制で臨んでいます。転職・再就職など、卒業後も継続して就職を支援するシステムがあります。
認定
エステティシャン試験
合格率 100%
(2018年度実績)
美容師国家試験
合格率 100%
(2020年3月卒業生実績)
シセビでは、美容に関するさまざまな資格の取得が目指せます。実力を知り、さらにハイクラスの技術や知識を手に入れるために、アドバンスコースやスキルアップ講座を開講しています。幅広いスキルを身につけたい学生のために、シセビだからできる強力なサポートで、高い水準の資格取得率を誇り、成功へと導いています。
トップ技術者を招いた特別講座
国内外でトップ技術者として活躍する、ヘアスタイリストやメイクアップアーティスト、エステティシャン、資生堂美容室ヘアスタイリスト、資生堂ビューティーコンサルタントなどを講師に招き、一流の技術、美意識や感性を学びます。
  • 計良 宏文
    資生堂 トップヘアメイク
    アップアーティスト
    資生堂学園 テクニカル・
    ダイレクター
    1991年卒業(32期生)
    1992年資生堂入社。インターコワフュール・ジャパン(世界美容家協会)理事。資生堂「TSUBAKI」ビューティーディレクターをはじめ、パリ・NY・東京コレクションのヘアメイクのチーフを務めるなど、多岐にわたり活躍。2019年、日本の公立美術館では初となるヘアメイクアップアーティストによる個展「計良宏文の越境するヘアメイク」(埼玉県立近代美術館)を開催。NHK「日曜美術館」にも出演するなど多くのメディアにて紹介される。著書に『KERAREATION』(女性モード社)がある。
  • Hiro
    Yonemoto
    メイクアップアーティスト
    1988年卒業(29期生)
    1988年卒業後、野村真一氏に師事する。アシスタントを経て、2000年に渡米。2001年永住権を取得し、NARSをはじめとするトップアーティストのチームに加わりニューヨークコレクションに参加。現在、ニューヨークに足場を築き、精力的に活動中。当校でもプロフェッショナル研修を行う。
  • 谷口 丈児
    資生堂 ヘアメイクアップ
    アーティスト
    2004年卒業(44期生)
    ファッション誌、ニューヨーク、パリ、東京コレクションのファッションショーのヘアチーフを多数務めるなど、グローバルに活躍中。資生堂ブランドでは「ザ・グルーミング」などの宣伝広告、資生堂プロフェッショナルの『BEAUTY INNOVATOR』を担当。コレクション・トレンド情報を美容業界に向けて発信している。
  • Hana4
    アーティスト
    ネイルデザイナー
    自身の原点である“ネイルアート”を軸に、アート/テキスタイル/イラストレーションなどの制作活動から、アートディレクションまで、国内外問わず幅広く活動するアーティスト。完成度の高い極細な手描きのラインや、美しく細やかな色使いを得意とし、“背景にあるストーリーや思いをアートとして表現すること”を信条とする。
学びを発揮する校外活動
資生堂美容技術専門学校ではバックステージ協力として、授業で学び・身につけた技術を、
実際の現場で発揮する絶好の機会を設けています。
  • Keio Fashion Creator
    ヘアメイクアップ協力
    慶應義塾大学公認サークル「Keio Fashion Creator」が主催するファッションショーにて、ヘアメイクアップを担当しました。デザイナーの意向を汲みながら、世界観やモデルに合ったヘアメイクを行いました。
  • 台湾への学生派遣プログラム
    美容技術交流・美容サロン視察
    在学中には国内外で学生交流の機会があります。2019年3月には、外務省が推進する「対日理解交流促進プログラム」で台湾の大学生との交流がありました。
  • カンガルースタッフ
    ビューティーコンサルタントのサポート
    育児などでビューティーコンサルタントが不在時に、お客さまの対応や商品の陳列、清掃などの業務をサポートしました。社会経験を体感しながら、授業で学んだ美容知識を深めることができ、応対のスキルを上げるよい機会になります。
  • 美容室実務実習
    サロンインターンシップ
    教育の一環として、実際のサロンの現場を体験する実務実習を行いました。実際に働くことで、校内では得られない貴重な体験ができました。また、就職活動の際に必要な今後の課題も明確にできました。
  • 東京レインボープライド 2019
    ヘアメイクアップ協力
    日本におけるLGBTをはじめとするセクシャル・マイノリティが前向きに生活できることを目指したイベント。その中で行われたカミングアウト・プロジェクト「OUT IN JAPAN」の撮影会にヘアメイクアップとして協力しました。
  • ワクワク大懇親会
    ~BEAUTY INNOVATIONS 無限大~ヘアメイクアップ協力
    資生堂グループ社員同士のネットワークの醸成を目的とした「WAKUWAKU大懇親会」で行われた「One Shiseidoヘアメイクショー」にて、ヘア・メイク技術者とモデルを勤めました。