海外で活躍する卒業生たち

活躍する舞台は日本、そして世界

当校には、活動のフィールドを世界各地に移し、自身のクリエイションに情熱を注いでいる卒業生が大勢います。
サロン経営、ヘアショーへの参加、ビューティーコンサルタントなど、活躍の舞台もさまざま。
当校で一流の技術を身につけ、信念をもって行動すれば、誰しも可能性があります。卒業生達の活躍がその証です。

アイリスト
石城戸 知佳2011年卒業(51期生)
海外で活躍したいという夢をかなえるため、2016年に単身ドイツへ渡る。持ち前のスキルと周囲の支援で独立。まつ毛ケアのプロフェッショナルであるアイリストとしてドイツで活動中。2018年にドイツ人男性と結婚し、現在デュッセルドルフ在住。

KIDA NYC 経営
喜田 信之介2002年卒業(42期生)
卒業後、ヘアメイクのプロダクションに勤務。2007年渡米。ヘアメイクアップアーティストとして、ニューヨークコレクションに参加。2014年、マンハッタンに美容室「KIDA NYC」をオープン。日本の技術と接客を世界に伝えるサロン経営者、アーティストとして現在に至る。

ヘアアーティスト
山口 晃央2005年卒業(45期生)
SHIMAをはじめとする、都内で美容師経験後、SABFAクリエイターコースに最年少入学、東京でフリーランスヘアメイクアーティストとしてラフォーレ原宿等の広告を担当、NY渡米後、フリーランスヘアスタイリストに転向、VOUGE、ELLE、Figaro Paris、Grazia Paris、WWD等世界中の表紙を担当。NYコレクションキーヘアスタイリスト担当。シャーロット•ゲインズバーグ、リブ•タイラー、パルス•ジャクソン等のセレブリティを顧客に持つ他、イネスアンドベヌーやクリス•コール等の世界的に有名な写真家からの信頼も厚い。DESEL、Rebecca minkoff、MCM、シンシアローリー、milk make up等のワールドキャンペーンを担当。現在、複数の世界的に有名なヘアメイク事務所からのオファーを断り続け、NYC LESを拠点としてフリーランスで活躍中。

資生堂ジャパン株式会社 ビューティーコンサルタント
仲本 茉子2012年卒業(52期生)
2012年資生堂ジャパン株式会社に入社。都内の百貨店のクレ・ド・ポー ボーテカウンターにて勤務。世界中のお客様に資生堂商品の素晴らしさ、おもてなしを感じて欲しいとの想いから、2018年海外派遣制度に応募。中東地域の3か国を廻り、スキンケアトリートメント、メイクを中心にお客さまへのアドバイス、実習を行う。

資生堂ヘアメイクアップアーティスト
伊藤 礼子2002年卒業(42期生)
全世界88の国と地域に展開する『Brand SHISEIDO』を担当。メイクアップアイテムの商品開発だけでなく広告撮影、トレーニングとアジアを中心に活動。コレクションシーズンにはNYやTOKYOでリードも務める。タレントからの指名も多く、ビューティー(資生堂)に限らずファッション、エディトリアル、広告など幅広く活躍中。
シセビ卒業生がさまざまなエリアで活躍中!
シセビの卒業生には、国内・国外問わずさまざまなエリアで活躍している先輩がいます。
卒業生からのメッセージはブログでもご紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。