学校概要

教育理念

“真・善・美” の心を備え、人々の”美しく生きる”
という願いをかなえることができる人、
そしてみずからも” 美しく生きる” ことを実践できる
美意識と人間的な魅力にあふれた人を育てます。

物事の本質を
見極める心
正しく
生きる心
人を優しく、美しく、
豊にする心

こんにちは、
資生堂美容技術専門学校です。

すべての人の“美しく生きたい”という願いをかなえるため、1872年に資生堂は創業しました。
今日までの資生堂の歩みは、人が美しく生きるために、さまざまな活動に取り組んできた道のりであり、
そこには変わらぬ深い信念が貫かれています。

資生堂美容技術専門学校は、このような歴史に育まれた企業文化を遺伝子に持ち、1959年に開校しました。
開校以来一貫して、美容に関する高度な技術と専門知識の指導に力を注ぎ、人々の“美しく生きる”という願いをかなえる
ために、“真・善・美”の心を備えた、美意識と人間的な魅力にあふれた人材を育ててきました。

この美意識と人間的な魅力こそが“美しく生きたい”という人々の願いをかなえる美容のプロフェッショナルに求められる
資質です。
それは接客や対人コミュニケーションの場においては「おもてなしの心」というかたちで表れるのです。
今後も美容のプロフェッショナルとしての技術と知識と「おもてなしの心」を身につけ、お客さまの“美しく生きたい”という願いをかなえる人材を育成してまいります。

校長メッセージ

学校法人 資生堂学園

資生堂美容技術専門学校 校長

大竹 政義(マサ大竹)

人間的魅力によりお客さまとの信頼関係を築くこと。
美しくなる喜びを共有し、ともに感動すること。
これこそ、美容の仕事の醍醐味といえるでしょう。

美容のプロフェッショナルになるためには、この人間的魅力に加え、
本物の美しさに触れることで、美意識を高めることも大切です。

美意識はイメージを形にし、美を創造する力となります。
当校では、知識や技術の指導をすることはもちろんのこと、
美容の持つ力や素晴らしさも、学生たちに伝えています。

理事・監事紹介

理事長
大竹 政義
資生堂美容技術専門学校 校長
理事
内館 牧子
脚本家
理事
島田 京子
元(公財)横浜市芸術文化振興財団 代表理事・専務理事
理事
石﨑 孟
株式会社マガジンハウス 代表取締役 会長
理事
阿部 恒之
東北大学大学院教授
理事
末川 久幸
元株式会社資生堂 相談役
理事
島谷 庸一
株式会社資生堂 代表取締役 副社長
監事
吉田 猛
株式会社資生堂 常務監査役
監事
柴 由美子
弁護士

沿革

昭和34年(1959年)4月、54人の娘たちが東京・新宿区若松町の小さな木造の校舎で美容の勉強を始めました。
それがこの年に開校した資生堂学園の1期生たちです。
「高度の美容科学を取り入れた資生堂式美容法によって最も進歩した美容術を教え、
女性としての人格の涵養(かんよう:自然にしみこむように養成すること)と
教養を体得させる」という教育方針で、実力のある美容技術者の養成を目的に開校。

昭和39年(1964年)に現在の加賀の地に移り、学生数も急速に増え、大学卒業生やアジアからの留学生、
男子学生の顔も見られるようになりました。平成18年(2006年)には新校舎が完成。
そして平成31年(2019年)には、60周年を迎えました。
現在は、より高度で専門的なコース別美容教育の推進により、質の高い即戦力となる人材を美容業界に輩出しています。
資生堂美容技術専門学校は、
「ベスト・ワールド・アカデミー」を受賞しました
2014年9月6日、パリ市内凱旋門に近いサルワグラム(SalleWagram)にて、インターコワフュールモンディアル(INTER COIFFURE MONDIAL)主催の「2014年度ナイトオブザスター」が開催され、アワードセレモニーにおいて、当校が『ベスト・ワールド・アカデミー』を受賞しました。
『ベスト・ワールド・アカデミー』は、世界で最も優れた美容学校に贈られる賞です。
当校が創立以来56年の歴史と伝統の中で高度な美容教育を行い、国内外で活躍する優秀な
美容人材を数多く輩出していることから高い評価を受けました。

※インターコワフュールとは、1925年に、スイス、ドイツ、イギリスの美容家代表がドイツ・ハンブルグに集まり、世界のヘア・ファッション業界を推進することを活動目的として設立され、世界で最も著名な美容家を会員とする協会。現在、パリに本部を置き、世界50カ国以上の支部がある。当校校長、マサ大竹はパリ本部役員であるセントラルコミティ、及び日本支部副会長を長年務める。